リンク

管理人おすすめの英語教材や友人サイト等をご紹介します。
英語の教材は実際に管理人が使用するなどして効果を確認しております。
参考程度にご活用下さい。
※教材はAmazonへリンクを貼ってあります。
 出版社とは無関係でご紹介しておりますので安心してご利用下さい。

英語教材

DUO 3.0
\1,260
[高校生~一般向け]

単語集?熟語集?
いいえ、これは例文集です! しかし、私が「単語帳オススメ何?」と訊かれたらこれを推しています。
これは単語帳のようでそうでない、英語学習のスーパーツールなのです!

■重要なのは、例文を覚えること
 あなたは単語が羅列された普通の単語帳で単語を覚えられますか?もちろん努力すれば出来るでしょうが、大変な苦労を重ねた割に忘れてしまいやすいのが事実です。では、ただの単語帳の何が問題なのか?それは「脈絡がないこと」なのです!頻度順に並んだ単語帳の場合、例えば encount(出会う)の後ろに endanger(危険にさらす)があることも考えられます。しかしこの2つの単語にはほとんど関連性がありません。順番で覚えるわけではないにしても、パッと目に入る1ページの中の単語の関連性は、覚えやすさに大きく影響するでしょう。
 ではどうだったらいいのか?私のオススメは、例文を使って覚えることです。この方法には次のようなメリットがあります。

■例文で覚えることのメリット
(1) 1つの文章を覚えるだけで多くの単語や熟語を覚えられる!
(2) 文章なので単語同士の関連性が高く、スッと頭に入ってくる!
(3) 頭の中に文の構造のデータベースが出来て、アウトプット力が高まる!
 このうち(3)について少々補足しましょう。この方法で覚える例文は、単に単語を覚えるための媒体ではありません。例文もまた、単語と共に覚えるべきなのです。そうして例文を頭に蓄積していくと、「文の構造」のデータベースが構築されます。そうすることで、何か言いたい時、そこから似た文章を無意識に引っぱり出してきて、一部入れ替えるだけで完成させることが可能になるのです!
 例えば、I'm so sad because Judy has gone to America.(ジュディがアメリカに行っちゃってとても寂しいよ)という文章が脳内データベースにあれば、人物と一部の単語を入れ替えて、I'm so happy because that crazy boss has gone to another branch!(あのアホ上司が他の支店に異動になってホント嬉しいよ!)などと、最初から作っていては面倒な文章もすぐに作れてしまいます。このデータベースを大きくしていくことで、アウトプット力はどんどん強くなり、表現の幅も飛躍的に拡大してくのです!

■そこで、DUO 3.0
 例文で覚えることの重要性が分かったところで、DUOのオススメポイントをご紹介します。
(1) 大学受験に必須レベルの単熟語が満載!
(2) ユーモア溢れる文章や、文章同士の高い関連性でより覚えやすい!
(3) 見やすいレイアウトで、単熟語の意味が詳しく載っている!

■DUO 3.0をオススメする人
 DUO 3.0は次のような人に最適です!
・受験勉強を始める高校2~3年生
・大学受験に向けてコツコツ努力したい高校1~2年生
・英検準1級取得を目標に頑張っている人
・とにかく表現力を高めたい人

■例文テストも公開中!
 「学習教材」のページにて、日→英で例文をチェック出来るテスト教材を公開しています!これで暗記のチェックも簡単ですので、まずは実際どんな文章があるのか確認して頂き、騙されたと思って1冊購入してみましょう!必ずや満足されるはずです!動かなければ何も変わりませんよ!

DUO 3.0 / CD基礎用
\2,940
[高校生~一般向け]

 書くだけで覚えられたとしても、それは覚えたうちに入りません。DUOのメリットの1つ、「アウトプット力を高める」を達成するには、発音まできちんと覚えなければ意味がないのです。
 そんな問題もこのCDで解決です。この基礎用CDは単熟語の発音が全て収録されていて、さらに英文2回(2段階の早さ)と日本語訳まで入っています!これを使って1語1語、1文1文をきちんと発音出来るようになれば、自ずと英語全体の発音もキレイになっていくというものです。音読については関連した説明が下の "Alice in Wonderland" のところにもありますので是非お読み下さい。

DUO 3.0 / CD復習用
\1,260
[高校生~一般向け]

更新予定!

DUOセレクト ―厳選英単語・熟語1600
\1,169
[高校生向け]

 DUOセレクトは、DUO 3.0の中でもより重要な例文のみ377本抜き出してまとめられた例文集です。基本的なオススメポイントは上にあるDUO 3.0と同じですが、セレクトは特に次のような人にオススメしています。

■DUOセレクトをオススメする人
・高校1~2年生
・難関高校を受験予定の中学生
・英検2級取得を目標に頑張っている人
・DUO 3.0をやるだけの時間や気力が無い人

 DUO 3.0にもセレクトと同じ例文が載っていますが、セレクトを覚えきった後に3.0に移行するというのも大変効果があります。セレクトと3.0で被っているものは重要な例文ばかりですので、何度でも復習してしっかり覚えてしまいたいものです。

■例文テストも公開中!
 セレクトについても、「学習教材」のページにて、日→英で例文をチェック出来るテスト教材を公開しています!さあ騙されたと思って1冊購入してみましょう!必ずや満足されるはずです!動かなければ何も変わりませんよ!

DUOセレクト CD
\2,940
[高校生向け]

更新予定!

究極の英単語 Vol.1 初級の3000語
\1,680
[初級学習者向け]

更新予定!

究極の英単語 Vol.2 中級の3000語
\1,680
[中級学習者向け]

更新予定!

究極の英単語 Vol.3 上級の3000語
\1,890
[上級学習者向け]

更新予定!

究極の英単語 Vol.4 超上級の3000語
\1,890
[超上級学習者向け]

更新予定!

総合英語 Forest
\1,575
[高校生~一般向け]

更新予定!

完全攻略 中学1年 英語
\1,260
[中学生向け]

更新予定!

完全攻略 中学2年 英語
\1,260
[中学生向け]

更新予定!

完全攻略 中学3年 英語
\1,260
[中学生向け]

更新予定!

英辞郎 第六版
\2,940
[主に上級学習者向け]

更新予定!

Alice in Wonderland (Level 2) Penguin Readers
\799
[全学習者向け]

 さてみなさん、リスニング力をつける最善の方法は何だと思いますか?恐らく多くの人が「たくさん聞くこと」だと答えるでしょう。それもアリです。ですが、私の提唱する最善の方法とは、「たくさん聞くこと」ではなく「たくさん読むこと(音読)」なのです!(以下前置きが長くなりますがご了承下さい)

■話す力と聞く力には関係がある
 一つ重要なことをお教えします。人間は自分が話せるスピード以上で話されているのを聞き取ることが出来ません!つまり、音読がゆっくりでしか出来ない人は、ゆっくりなスピードの英文しか聞き取れないのです。さらには、日本人英語でしか話せない人(英語らしく話せない人)はネイティブの英文を聞き取りにくいのです。したがって、音読を訓練して「英語らしく」「速く」読むことが出来るようになれば、リスニング力は予想以上に向上するのです。

■英語のスピードの目安になる単位
 黙読・音読・聞き取りの際の目安としてよく使われるのが wpm という単位です。これは Word(s) Per Minute の略で、すなわち1分間に読める・聞ける単語数を示します。360語の文章を3分で音読出来れば120wpmと表します。平均的な英語圏のニュース番組は150wpmくらいかそれ以上らしいので、まずはそこを目指してみましょう。「志望大学が決まっていて過去のリスニング問題が入手出来る」などの明確な目標がある人は、一度そのwpmを計ってみましょう。目標wpm以上のスピードでコンスタントに音読出来るようになれば成功です!

■音読は重要。題材は?
 ここまでに、今まで軽視されがちだった「音読」がいかに重要かお分かりになったと思います。音読は、リスニング力を上げるためのみならず、発音力を高めるためにも使える素晴らしい方法なのです!さてそこで音読の題材ですが、もちろん学生の方は教科書でもいいでしょう。ついでに本文を丸ごと暗記してしまえばテスト対策にもなりますね。ただ、教科書だと学校の授業で何度も読んでいて飽きてしまった人も多いでしょう。テーマもつまらなかったりして、やる気の面からするとあまり良い題材とも言えません。ではどうすればいいのでしょうか。

■そこでペンギンリーダーズ
 私がオススメするのが、リンク先にもあるようなペンギンリーダーズをはじめとする "Graded Readers" の本です。Graded Readers とは、英語学習者向けに作られたレベル別の多読用洋書です。
 このオススメポイントは2つ。1つ目は「レベル別で分かれているので自分に合ったものを選びやすい」ことです。教科書本文が難しすぎる/簡単すぎると言う人もこれで安心ですね。2つ目は「テーマがたくさんあり、自分の興味のある内容を気軽に読める」ことです。黒人の権利を訴えたキング牧師の話は教科書の定番ですが、それを興味津々に読む人は少数派でしょう。ペンギンリーダーズにもそういう系統はありますが、例えば有名人の伝記だったり著名な物語だったりと多様なテーマが用意されています。自分がおもしろいと思えるものを読んだ方がいいですよね!
 ペンギンリーダーズの本の中にはCDが付属しているものもあります。発音にイマイチ自身がない人は出来ればCD付きのものを買いましょう。もちろん、ただ「聞くだけ」ではありませんよ。輪唱のようにすぐ後ろを追いかけて読む「シャドーイング」をするのです。間違った発音やイントネーションで覚えていても、リスニング力は上がりませんよ!
 ここで取り上げたペンギンリーダーズ(Penguin Readers)以外のGraded Readersとしては、Oxford Bookwarms、Macmillan Readers、Cambridge English Readers などがあります。ペンギンリーダーズに限らず、ご自身に最も合うものを探してみて下さい!

友人のサイト

JIOGRAD.com

ここが「サイトについて」でご紹介した、ライバルのサイトです。
HTMLとCSSを勉強して再生させているということでしたが、最近全く更新されておりません。

ボブに同情する会

高校時代の隣組の友人、元椅子人さんのサイト。
日々綴られるブログに魅せられます。

Bad Girls spirit

管理人の所属していた3つ目の班(部)である語学班の班員の個人サイトです。
ここも最近はあんまり更新ないみたいです。

rollyのその他サイト

なたねのにっき

Rollyが2009年8月から2010年1月まで留学に行っていた間に書いたブログです。
こちらのブログでは「なたね」というペンネームを使用しています。
アメリカ・サンフランシスコでの留学の様子を出来るだけたくさん紹介しています。

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。どんどんリンクしてください。
バナーは下のものをご活用ください。
リンクして頂いた後、よろしければメールフォームなどより連絡頂けると嬉しいです!
その際はサイトのURLをお知らせ下さい!

また、是非下のバナーをご使用ください。
バナーは更新する場合がありますので、画像ファイルに直接リンクしてください。
ファイルアドレスは[ http://haranonaka.com/image/banner.gif ]です。